Now loading...

沖縄版メルカリ「沖縄宝島」とは?県民に愛される手数料無料の老舗フリマサイトを使って実際に商品を販売してみた

シロマユウノスケ

2017.09.19

takarajima_eye

こんにちは!マイブームは断捨離な沖縄の大学生、ユウノスケです。冬に向けてクローゼットを整理してみるとすぐにいらない服でゴミ袋がいっぱいになっちゃいました。

ゴミ袋いっぱいのいらない服と一緒に、告白してもいないのに「ユウノスケとは付き合えない」といきなりフラれた過去も断捨離したいものです。女子同士の噂で、僕がその子を好きということが回って、返事だけが返ってきました。おっと涙が…

さて、断捨離をする人はたくさんいるかと思いますが、要らないものをすぐ捨てちゃうのってなんだかもったいないですよね。だからといって、リサイクルショップに持ち込めば、ものすごく安い値段で買われてしまう。捨てるよりいいかもしれませんが、少しでも高く売りたいというのが本音。

そんなときに活用したいのがオークションやフリマサイト!オークションだと「ヤフオク」、フリマだと「メルカリ」が盛り上がっていますよね!こういったサイトで売ると、自分で出品や発送をしなきゃいけないのは少し面倒ですが、リサイクルショップよりも高く売れちゃう可能性もあります。実際に大学の友達から「この服メルカリで、〇〇円で買ったんだよね〜」と聞くこともあり、値段はリサイクルショップでの取引額よりは大幅に高いです。

実際、僕もたまにメルカリを使ったりしてその便利さを実感しているのですが、実は沖縄にはメルカリのはるか前から大人気のフリマサイトが存在しているのをご存知ですか?

その名も「沖縄宝島」。沖縄在住の人専用のフリマサイトです。買い手にも売り手にも楽園そうな期待値大のネーミングですね。

今回のおきなわマグネットでは、僕が実際に「沖縄宝島」を活用した様子をレポートしていきたいと思います。とても歴史を感じるサイトデザインですが、本当にモノは売れるのか、沖縄の人にとっての無くてはならない楽園サイトなのか…、その真実をどうぞご覧あれ!

沖縄限定のフリマサイト「沖縄宝島」とは?

takarajima002

沖縄移住者の方にとってはほぼ全ての人が「沖縄宝島って何?初めて聞いたよ」という状態でしょう。それもそのはずですよね…、しかし、沖縄でのその浸透度を知ったら驚くに違いありません。そこでまずはそのご紹介から!

沖縄宝島とは、沖縄県内で基本的に「手渡し」で売買が行われるフリマサイトです。手渡しというところがなんともローカルな温かみを感じて素敵。小さな島だからできることですね!

hooter_takarajima

サイトの下にある「Copyright(C)2000 沖縄宝島 All Right Reserved.」という記述をみる限り、2000年あたりから存在する17年も利用される老舗のフリマサイトということになるでしょう。17年前といえば、iPhoneが発表される7年前でLINE、メルカリはもちろん、Facebook、Twitterも存在しない時代です。デザイン変更などほぼなされていない個人が運用している長寿サイトが本当に未だに活用されているのでしょうか。

takarajima003

ベビー用品から中古車や賃貸まで多くのジャンルの取引ができる便利なサイトで、よく見てみると仕事の依頼、犬・猫の里親探し、物件の紹介などもあり、なかなかユニーク。売買サイトでありますが、なんでも宣伝告知OKな情報掲示板というイメージを彷彿とさせます。「買います」という掲示板があるのも面白いですね。 沖縄版クレイグスリストといったところでしょうか(世界で活用されているローカル情報を交換するためのサイトです)。

そして、沖縄宝島をご紹介する上で触れておきたいのが、このサイトデザイン。

hooter_takarajima_2

これまでのサイトキャプチャでお気づきの通り、歴史を感じるレトロなデザインです(笑)。まだ小学生1年生だった15年前、親戚の家にあるパソコンでいとこのにーにーに教えてもらって初めて「いんたーねっと」に触れたときを思い出します。懐かしすぎて泣けてきた。

見た目はあれですが、画像投稿マニュアルやルール、よくある質問、検索欄、細かく分けられたカテゴリーなど利用者のために優しい機能はしっかりと作られていて、温かみを感じます。

サイト中段にある「あなたに贈る 魔法の言葉」のボタンをクリックすると、管理人さんから(広告付きの)ありがたいお言葉が。細かなところまで配慮されていますね(何度かクリックすると、”しつこい”と言われてしまいました(笑) ツンデレな感じをぜひお試しあれ)。

takarazima_ky

しかし、ここで僕の頭には一つの疑念が。

「このサイト放置されて使われていないんじゃないの?!」

勝手な偏見ですが、このように見た目の古いサイトデザインだと運用がなされておらず管理人が放置している説が浮かんでしまいます。沖縄で大人気という噂でしたが、本当かな〜と半信半疑のまま、まずは取引ページをチェック。

takarajima004

まだ年数もそこそこなのにお安い価格設定の素敵なオーブンレンジ。その投稿日時(左上)を見てみると、な、な、なんと約3時間半前!

さすがにメルカリやヤフオクと比べると、その間隔は大きいかもしれませんが、沖縄だけでしか使われていないことを考えると、結構使われていそうな感じがしますね!スピーディーな売買が期待できます。参考までにGoogleでどれだけ「沖縄宝島」というキーワードが検索されているかと見ると、なんと沖縄県内だけで月間1万~10万もの検索が行われているようです。多くのうちなんちゅが注目していることがわかりますね。これはアクティブ率が高そうな予感!

沖縄宝島で実際に商品を販売してみた

サイトを見ただけで感想を伝えるよりも実際に使ってみるべき!ということで、早速僕も出品してみることにしました。なんだかこれでまた一歩、真のウチナンチュに一歩近づいた気がします(笑)。

沖縄宝島で販売するもの

takarajima005

断捨離がマイブームとは言ってみたものの、僕のクローゼットから出てくるもので売りたいものなんて、クラTリーダーになってデザインした高校の時のダサいクラスTシャツくらい。後から見ると冷や汗かきますね。ステューシーに謝れって感じですね。

自分がデザインしたクラスTシャツはさすがに需要なさすぎるなと悩んでいると、おきマグ編集さんから助け舟が!

takarajima006

なんと定価約1万円ほどの、新品未開封のフードプロセッサーをいただきました♪ ビンゴとかの景品でありがち説!フィリップス製のマルチチョッパーで、ニューヨークで大人気のチョップドサラダが家でも簡単に楽しめそうな逸品ですね!

結構いい商品っぽいので売っていいか迷ったものの、勢いで売ってみることにしました。1000円くらいで。

沖縄宝島で販売する方法

さて、ここからは商品を販売する手順の説明となります!まずは、写真の投稿。

IMG_6023

当然かもしれませんが、商品の詳細が分かるように写真が撮れるといいですね!新品未開封の時はあまり心配いりませんが、使用したものなら汚れや傷は確実に伝えられるような写真を撮るとトラブルを防ぐ対策となります。

そして、掲示板に写真をUPするためには写真の容量を100,000byte以下にしないとエラーが出て、投稿できない仕組みになっています。スマホで撮影した写真はこの容量を大幅に超えているので、圧縮する必要があります。100,000byteは0.1メガバイトとなり大きく圧縮をする必要がありそうです….

どうやって圧縮していいか分からずにしばらく試行錯誤していると、トップページ上で用意されている画像投稿マニュアルページの下部に圧縮ツールへのリンクが!これは親切ですね。

takarajima008

で、上記ページ上の「こちら」をクリックすると簡単に圧縮することができるページへ誘導されます。なんて丁寧なんだ沖縄宝島!このサイトには愛がある!写真の圧縮が完了したらここからは簡単です(スマホでも同様の手順でお進み下さい)。

カテゴリ一覧から、売りたい商品のカテゴリを選んでクリックします。僕の場合はフードプロセッサーなので、電化製品のカテゴリに。

少しスクロールすると、情報を記入する欄があります。

takarajima009

注意点としては、

・本文には、できるだけ細かい特徴を書くといい!写真では伝えきれないことや具体的な利用方法や利用シーンなどを書くと買い手が安心してメッセージをくれます。多くの出品者がこの欄に受け渡し可能な大まかな場所を書いています。

・大切なのはメールアドレス記入欄下の「公開しないでメールを受け取りたい」という箇所にはチェックをつけること!この欄にチェックをつけておくと、初めのメールは管理人から転送してくれるので、自分が取引したい相手にだけアドレスを伝えることができます。

スパムがくる可能性もあるので、メールアドレスをネット上に公開することになるのは避けたいですよね!

・削除パスワードは絶対に忘れないでください!取引後はこれを使って記事を消すことになるので、これを忘れると購入希望者から絶えず連絡が来てしまいその都度対応する必要がでてきてしまいます。

あとは、常識と良心の範囲で記入すればいいかと思いますよ、商品を届けたい相手の立場にたってわかりやすく詳細な説明を心がけましょう。

そして、投稿ボタンを押すと完了です。あとは反映されるまで待つだけ。

商品投稿後、「まあ、1、2週間くらい待てば1人くらいは連絡来てくれるかなー」なんて思っていると、なんと約40分ほどで1人目の購入希望者が!

S__64266242

なんかサイトのデザインとか軽く馬鹿にしちゃったけど、めちゃくちゃアクティブなサイトじゃん!!!!あとで謝ろう。

なんて思っていると、1時間以内にさらに3件メールが!最終的に約1日で7件も問い合わせが!ここまでアグレッシブに連絡が来るなんて全く想定していなかったので、さすがに驚いてしまいました。

せっかくご連絡を頂いたみなさまにも申し訳ございませんが先着順にしようと決めていたので、一番初めに連絡をいただいた方に返信をして、メルカリもびっくりのスピード感で交渉成立!

余談ですが、購入希望者と最寄りのコンビニが同じレベルの近さでした。ローカルならではの不思議な体験で面白いですね〜、それにしても沖縄せまい!(笑)

直接お会いして商品の受け渡し、取引成立!

takarajima010

軽い人見知りで緊張しながら、受け渡し先の近くのコンビニで待ち合わせ!

「本当に来てくれるのかなー」「怖い人だったらどうしよう」という不安でドキドキしていましたが、優しい雰囲気の方でひと安心。

少しお話を聞いてみると、小さなお子様がいらっしゃるとのことで離乳食を作るために購入されたとのこと。実は、投稿の本文に「離乳食を作る方にいいかもしれません」と書いていたので、それが効果的だったのかと感じました。

また、普段から沖縄宝島をチェックするなど、よく利用されているとおっしゃっていて、やっぱり沖縄県民に愛されているサイトなんだなと強く実感。思った以上にスムーズな取引で終了しました!

同名のFacebookグループも活発?

takarazima

実は「沖縄宝島」はFacebookグループでも存在し、なんとこのようにたくさんのグループが立ち上がっています。Facebookグループでも個人売買が簡単にできる仕組みがありますので、実名が知られても問題ない方であればこのような方法でのやりとりもとても便利ですよね。

衣類、ベビー用品、家具、家電、バイク、バイクパーツなどなどそれぞれのジャンルに特化したグループページがあがっており、目的に応じて商品を探すのも簡単そうです。しかし、よく見てみると今回紹介した「沖縄宝島」とは直接関係がなさそうで、同じ名前で作られているグループのようです。もはや「沖縄宝島」が定番すぎて、「沖縄フリマ」の代名詞となっているのでしょうか(笑)。

fake_takarazima

検索してみると上記のように全く同じ名前の売買サイトもできてきますし、沖縄ならではの自由さを感じますよね(笑)。ちなみにこちらは本家と違って業者さんによる投稿も可能とのことですが、新着情報欄を見ると本家よりはアクティブ率は低いようです。

沖縄宝島で商品を売ってみた感想

takarajima011

レトロなサイトデザインが印象的ですが、実際に利用してみると機能的にも十分な作りでスムーズな取引が可能でした。とても実用的なサイトという印象です。また、使い方の解説やルール説明などがすごく丁寧にされているので、初めて利用する方も安心かと思います(あとはスマホ対応がされていれば言うことなしですが…笑)。

何より、アクティブな利用者が多くいるということが使ってみて強く実感しました。これはフリマサイトで必須な条件といえ、沖縄特化のサービスでもこのレベルで利用者がいるのは魅力的です。

まともな商品であれば購入希望者がすぐに見つかるサイトですので、沖縄に住んでいる方であればメルカリやヤフオクだけじゃなく、この「沖縄宝島」を積極的に利用してもいいのではないでしょうか。

狭い沖縄ならではの「手渡し売買」は意外とスムーズで快適でした。送料がかからないのも双方にとってもとてもメリットがありますよね。また手数料も発生しないのもとても大きな魅力です。サイトを見てみると広告が多く貼られているで、この広告からの収益で運用費用を捻出しているのでしょう。販売金額がまるまる入ってくるなんて嬉しい限り!

また売り手としても利用したいと思いますし、今度は買い手としても活用してみたいと思います。ユニークな商品が販売されていたらぜひ教えてください。

沖縄独自のフリマ事情について

takarajima012

なぜこんなに小さな島でも沖縄宝島での取引が活発に行われているかというと、沖縄ならではのフリマ事情があるからと考えられます。

沖縄では、県内各地にある米軍基地内で毎週のようにフリーマーケットが行われていて、その時だけは身分証明書があれば基地の中でのフリマを楽しむことができて、うちなんちゅにとっても馴染み深いものとなっています。

フリマで販売するのはアメリカ人の方で、アメリカ本国へ帰る前にいらないものを売って引っ越し作業を楽にする方法でもあるのだとか!うちなんちゅからしてみると、日本ではなかなか手に入れづらいブランドのものなどが手に入ったりと、なかなか面白いです!日本語を話せないアメリカ人相手に、日本語で価格交渉を迫るオバーやオジーがいたりするのも、沖縄独特の風景。オバーやオジーは時に言語をも超えた存在になることも。

皆さんも機会があればぜひ!買わずに見るだけでも楽しめるのでおすすめです(こちらからチェックできます)。

この他にも、大学生の僕が生まれる前からフリマ専用の施設があったりとフリマで売買をするというのがうちなんちゅにとっては当たり前なんだと考えられます。よくよく考えてみると、リサイクルショップが多いような気もしますね!僕が以前いらない冷蔵庫を売ろうとした時は、1時間くらいで4~5軒のリサイクルショップを回れる距離感だったので、結構多めかと思います(参考記事:タンス500円子ども服30円!家具、衣服、食器を格安価格で買えるお買い物スポット「エコマール那覇」とは?)。また、島国で横の繋がりも強いので、個人ベースでモノの売買も本土に比べてより一般的だと考えられます。

そうは言ってもやはりマナーは重要!そこで以下に沖縄宝島を効果的に活用するためのポイントを見ていきましょう。

沖縄宝島の利用のポイント

takarzima_oreiこちらは同サイト内の御礼専用の掲示板です

・本文にはしっかりと情報を書く。詳細であればあるほどいいでしょう。

・写真はしっかりと綺麗に写しましょう。雑な写真だとそれだけで購入率は大きく下がってしまいます。

・手渡し以外の銀行振込などでの取引はトラブルの原因なので、控えたほうがベターです。他の大手フリマサイトなどと違って個人の方が空いた時間を使って運営しているサイトなので保証などがされるものではありません。なるべく直接会っての取引を心がけましょう。繋がりが増えるいいきっかけでもアリますよね。

・メールでのやりとりで待ち合わせなどを決めていくので、忙しくて時間の調節など対応ができないというような方はあまり向いてないかもしれません。

沖縄宝島はこんな人にオススメ

・「手渡し」に抵抗がない(人見知りの僕でも快適だったので意外といけます!)
・とにかく商品を早めに売りたい、処分したい
・時間に余裕がある
・捨てるのはもったいないけどいらないものがある
・リサイクルショップでの買取価格に不満がある
・郵送は面倒くさいし、フリマサイトでの手数料に不満がある   

実はこの記事作成にあたって沖縄宝島の管理人さんに取材依頼の連絡をしていましたが、あまり表に出られたくないとのことで今回はお見送りとなりました。

裏方に徹し、淡々とサイトの運営をしていく考えでやってます。」とのことで、とても謙虚なスタンスが沖縄県民の売買コミュニケーションを支える人気サイトの礎となっていることを実感しました。もしかしたらそれが17年以上もサイトが活用されている秘密かもしれませんね。宝島の管理人さん、いつかお会いできることを楽しみにしています!

おまけ:沖縄で圧倒的な人気をもつローカルサイトといえば!

今回紹介した沖縄ならではのユニークな掲示板フリマサイト「沖縄宝島」以外にも、沖縄生活で役立つ沖縄独特なサイトをいくつかご紹介したいと思います。

沖縄のイベント情報ならこちら!ごーやーどっとネット

takarajima013

月間60万人から見られている沖縄一の情報サイト!沖縄のニュースやイベント情報をメインに掲載。このサイトのいいところは、「沖縄秋まつり特集」や「新しい沖縄海洋博公園の楽しみ方10選」など、時期やスポットに合わせて特集記事が組まれて、沖縄の楽しみ方を教えてくれるところです。

実際に、僕自身も沖縄でのイベント情報を検索するときは、ほとんどこのサイトを利用しています!本当に便利ですよ〜。沖縄では毎週なにかしらのイベントが開催されています、おきマグのこちらのイベントまとめ記事も参考にしてみてくださいね。

沖縄版2ちゃんねる×Q&Aサイト?沖縄のうわさ話

takarajima014

簡単にいうと「2ちゃんねる」と「Yahoo!知恵袋」を足して2で割ったようなサイトで、様々な沖縄情報が飛び交っている人気サイトです。

こんなに狭い沖縄なので内容が身近すぎて「うわさ話」というのが適切なんじゃないかという感覚に、ネーミングがぴったり。ちょっとのぞいてみると、どこかで自分の周りに関係あるんじゃないかという話があったりと、ちょっぴりドキッとします。

ローカルな人が活用しているので、沖縄で話題になっていることや最新のトレンドをキャッチアップするにはもってこいのサイトといえるでしょう。こちら地域で括られているので、お店の情報などローカルの人気店紹介など参考になる情報に結構あります。

沖縄の人はどんなことに興味を持っているのか?ということがすぐにわかります、こちらも沖縄移住者が押さえておくべきローカルサービスと言えるでしょう。

おきマグ公式LINE@

LINE@で友だち登録して
「シロマユウノスケ」さんの
他記事を読もう!

LINE 友だち追加

おきマグをフォローして
沖縄の移住情報をゲット!