Now loading...

【沖縄って仕事ある?賃金安くない?と不安な方へ】上手な職探しの方法をハローワーク職員に聞いた

真崎 睦美

2016.08.10

harowa_sm

pic_01

こんにちは。ライターの真崎です。

 

私は2016年6月に東京・池袋から沖縄に移住してきました。理由は東京で消耗したからです。沖縄在住の友人からの勧めもあって「東京で仕事に追われる生活を抜け出して、沖縄の海辺でのんびり働きながら暮らそう」と、とっても安易な気持ちで沖縄移住を決めました。

移住を決めたあと、【沖縄 求人】でインターネット検索した私の目に次々と飛び込んできたのは、月給15~18万円の正社員求人や、時給700~800円のバイト求人たち。
ずっと首都圏で働いてきた私は東京と沖縄の賃金差に正直衝撃を受け、「果たしてこの賃金で心穏やかに暮らせるだろうか」と不安も感じました。きっと私と同じく、沖縄での仕事探しに悩まれた移住者の方もいるのではと思います。

そこで今回は、沖縄の求人事情に詳しいハローワーク職員・Nさんに、「移住者の求人事情」や「沖縄での上手な職探し方法」についてお伺いしました。

IMG_0860

ハロワへ相談に来る半数近くが県外からの移住者

pic_author真崎

沖縄でのお仕事探しは私にとっても他人事ではないので、今日は気持ち前のめりでお話を聞かせていただきます。

pic_nN

仕事探しで悩まれる移住者の方は多いですから、少しでもお力になれればと思います。

pic_author真崎

ハローワークへ仕事を探しに来る移住者は多いですか?

pic_nN

多いです。というか、ここ最近ですごく増えました。
私の場合、相談にのる方の半分近くは移住者です。

pic_author真崎

半分も!どんな方が多いのですか?

pic_nN

女性が多いかもしれないですね。旦那さんの転勤や、あとは「もう都会での仕事に疲れた」と単身でふらっと沖縄に来られる方もいます。

pic_author真崎

私のことですね。そういう方々はどういう仕事を探されるんでしょう。

pic_n N

事務職か、前職の経験を生かせる仕事がしたいという方が多いですね。

pic_author真崎

私が仕事を探したときは「いっそ今までとは全く関係ない仕事でもしてみようか……」と考えていました。

pic_n N

仕事に疲れて移住してくる方は「もう同じ職種はいい」と違う仕事を希望する人もいますね。営業やエンジニアの方など。

IMG_0858

沖縄県民向けの求人サイトには目玉求人もいっぱい

pic_author真崎

私がネットで沖縄の求人を見漁っていたときは、正直に言うと東京との賃金差に驚いてしまいました。「これで生活していけるのか…?」と不安を覚えたのですが、同じく賃金の低さを懸念する移住者の方はいますか?

pic_n N

いますいます。そういう方は多いです。決して高給を希望されているわけではないですが、求人の給与を見て「あ、でもこれはまずいな」と思われるみたいです。

pic_author真崎

ですよね。私も沖縄の求人を見るときはまず給与を確認する悪癖がつきました。

pic_n N

ちなみに、真崎さんは月にどれくらい稼ぎたいですか?

pic_author真崎

んー、20~25万くらいですね。都会の会社に勤める同世代の人たちなら、もっと希望額が高いんじゃないかな。

pic_n N

真崎さんの希望水準なら満たしている会社は結構ありますよ。

pic_author 真崎

えっ。

pic_n N

都会に比べれば数は少ないですが、しっかり利益を出している会社は給与水準もやっぱり高いです。沖縄のIT企業で月40万円稼いでいる30歳のマネージャーもいます。

pic_author 真崎

一体どこにそんな好案件が……

pic_n N

沖縄の求人をネットで探したとき、「琉球人(http://www.ryukyujin.net/)」や「ゆんたく(http://kyujin.yuntaku.com/)」はご覧になりました?

pic_author 真崎

琉球人? ゆんたく?

pic_n N

沖縄県民向けの求人サイトです。無料で求人を出せるので、沖縄の企業の多くが募集を載せていますね。給与面も含めて、意外と目玉な求人もありますよ。

pic_04

pic_n N

「琉球人」であれば、希望の給与額を入れて検索できます。

pic_author 真崎

じゃあとりあえず「20万」で検索してみよう…………おぉ、71件! 意外とたくさんヒットしました! 営業、エンジニア、Webディレクター、事務、管理職、コールセンター、塾講師、介護職、セラピスト、仕事の種類も結構いろいろありますね。

pic_n N

沖縄の会社はどこも人材不足ですからね。全国版の大手求人サイトよりも、沖縄に特化したページのほうが条件に合ったお仕事を見つけやすいと思います。

pic_author 真崎

うわ、これ沖縄来る前に見ておけば良かったです。

pic_n N

インターネットやハローワークで見つけられる求人はもちろん、「求人は出していないけど人は欲しい優良企業」だってたくさんあります。

pic_author 真崎

知りたすぎる。

沖縄では「人のつながり」が「仕事のつながり」になることが多い

pic_author 真崎

公開で求人を出していない企業に入社するには、どんな方法があるのでしょうか?

pic_n N

「知り合いからの紹介・お誘い」ですね。

pic_author 真崎

おぉ、いわゆる「リファラル採用」というやつですね。

pic_n N

沖縄のリファラルはとてもフランクで(笑)、たとえば飲みの席なんかで「そういえば今度こういう職種のポストが空くんだけど来ない?」という話が出ることもしばしばあるんですよ。

pic_author 真崎

知り合い同士だと話が早そうですね。

pic_n N

沖縄は自営業の人も多くて「親戚のおじちゃんがこんな仕事しているからおいでよ」みたいな話も多いんですよね。

pic_author 真崎

家族や仲間の輪から仕事に繋がっていくのは、人との繋がりを大切にする沖縄の良さを感じます。

pic_05(筆者が沖縄県民の集まるBBQに参加したときの写真。実際に友達もできてお仕事の話にも繋がりました)

pic_author 真崎

ただ、移住者は沖縄県内のつながりが少ない分不利な感じがしますね……。

pic_n N

もし沖縄に住む友人や沖縄に少しでも詳しい知り合いがいたら、1度は「沖縄で仕事探しているんだけど」と聞いてみるといいと思います。

pic_author 真崎

確かに。ただ、いなかったら悲しいですね……。

pic_n N

異業種交流会や興味のあるコミュニティに参加すれば知り合いが増えますよ。興味のある分野のセミナーや勉強会に行って、参加者や登壇者に「仕事を探しているんです」と言えば、何かしら紹介してもらえることもあります。

pic_author 真崎

それなら、私にもできそうです……!

pic_n N

私も過去に参加した異業種交流会で「仕事があるからうちの会社に来ない?」と声をかけてもらったことがあります。その場で仕事の話にならなくても、人とつながっておくとその後も仕事の情報交換ができるのもメリットですよね。

pic_author 真崎

知人が増えるだけでも、移住者(私)にとってはありがたいですよ。切実に。

移住前に仕事探しの相談をしておくべき相手とは……?

pic_author 真崎

交流会やコミュニティ参加は移住後になりますよね。移住前にできる仕事探しのオススメ方法はありますか?

pic_n N

県外の人材紹介会社を上手く活用することですね。

・エンジニア派遣、派遣会社、人材派遣の事ならリツアンSTCへ
http://ritsuan.com/

・沖縄 派遣の仕事・人材派遣 株式会社ヒューマンサポート
http://humansupport-okinawa.co.jp/

pic_author 真崎

そういえば、転職エージェントに相談する発想はなかったです!

pic_n N

彼らもビジネスなので、とても頑張って優良企業を探してくれるんですよ(笑)。自分で探すよりも、条件に見合った上質な仕事を見つけてくれる可能性が高いです。私の知人にも、転職エージェントに仕事を見つけてもらった高給な仕事に就いている人がいます。

pic_author 真崎

とても羨ましい。

pic_n N

企業も、管理職やいわゆる”バリキャリ”を採用したいときには県外の人材紹介会社を頼りにしますからね。転職エージェントを使わない手はないです。

harowa

pic_n N

もちろんハローワークでもできる限り求職者のお力になるので、移住者の方にも気軽に相談に来てほしいですね。

pic_author 真崎

Nさんみたいな方が相談にのってくださると思うと心強すぎますね。ありがとうございました!

まとめ

今回Nさんに聞いた「お仕事探しのポイント」はこちら。

  • 「琉球人」や「ゆんたく」など、沖縄県民向けの求人サイトを見てみよう
  • 沖縄県内で積極的につながりをつくろう
  • そして思いきって「仕事を探しているんです」と話を振ってみよう
  • 移住前には転職エージェントに相談してみよう

インターネットには「沖縄は賃金が安すぎる」「仕事の数自体が少ない」など、沖縄移住の意欲すら奪いかねないほどネガティブな情報がたくさん溢れています。しかし、そこで足を止めずにぜひ上記のポイントを試してみてください。ご自身の希望を満たすステキな沖縄企業と出会うチャンスが、きっと確実に広がります。