Now loading...

「宮古島を、周りを、自分さえも演出する!」 今も未来も好きな島で居続けるために 株式会社ライフイズグッド 砂川和也

ナガハマ ヒロキ

2019.03.11

お客さんが何をしたら喜ぶかを考える演出家であり、自分の心をちゃんと踊らせるのも忘れない。それでいて、目の前のことと、少し先の未来の両方にピントを合わせているような。

はじめてお会いしたとき、生粋の学級委員長タイプで、宮古島を牽引してくれそうなパワーを感じました。次の一手は何を打とうか、常にアイデアで頭が埋め尽くされている、という印象。宮古島で飲食業や観光産業を手掛ける、株式会社ライフイズグッド代表取締役の砂川和也さんです。

ビジネスの他にも、エンターテインメントバンド「FAT KAZYA BAND」のフロントマンや、FMみやこでラジオパーソナリティとしても活躍中。社長であり、最大の広告塔としても動き回っています。そんな砂川さんに今回、宮古島の魅力と、経営する焼肉「おにくのくにお」について教えてもらいました。

上質な和牛が堪能でき、気持ちの良い接客で楽しませる「おにくのくにお」

宮古島市平良に約1年半前にオープンした「おにくのくにお」。宮古牛をはじめ、日本全国の黒毛和牛を食べ比べできるのがコンセプト。中でも肉質が柔らかいメス牛に絞っているのがこだわりです。

砂川さん

うちは『街の焼き肉屋』を目指していて、お子さん連れでも楽しんで頂くために全面禁煙にしています。地元客と観光客が入り混じっているお店です。

店内には、自社Tシャツを製作と販売し、オリジナルソングを店先やラジオCMで流すなど、飲食以外にもお客さんに楽しみを提供しています。

今、宮古の小中学生の間で一番流行ってる曲ですよ(笑)」と少し頬を緩めながら語る砂川さん。

はじめに、エンターテイメントを大事にする砂川さんに「お客さんと向き合う時に意識していること」を聞きます。

砂川さん

従業員にも常に伝えていますが、『声のサービスは無料だよ』と。気配りをして、自分がしてもらって嬉しいことをお客さんにもやっていって欲しい。

けっこう皆さん『好きが先か、お金が先か』で分けて考えがち。でも、どんな仕事でも、楽しみを見つけるって大事なことだと思っていて。これまで、私はコンビニで働いていた時に『あのお客さん今日もカステラ買うかな?買った!イエーイ』みたいな、些細な楽しみを見つけて働いていたんですよね。

それが意識できれば、好きなことでお金を得られるというみんなが思う理想に近づくことってさほど難しくないと思うんです。

従業員が仕事を「逆指名」できる関係性 これからの時代の働き方

ライフイズグッドでは、「おにくのくにお」の他にも「マリンレジャー事業」「アパレル・土産品卸」「製造業」など事業を多角的に展開しています。

砂川さん

今の時代って予測できないじゃないですか。IoTやAIの進歩で常にアップデートされて行く中で、今やっている産業がいつ斜陽と呼ばれる日が来てもおかしくない。本当は定年まで全うする職人のような働き方に私も憧れていますが、今を攻略すると考えると1つの事業に絞らずに仕事をやった方が良いか、と。

時代によって働き方が変わっていくと考え、砂川さんは自ら実践しています。

砂川さん

働き方もどんどん変わると思いますよ。事実、宮古島のようなリゾート地は季節や時間帯によって必要な人員が変動しています。ひとつの会社が一人を雇うのは時代に合っていないのかなぁ。
だから、複数の会社のグループで採用して、従業員にはいろんな職種や現場で働いてもらう新しいビジネスモデルも考えています。いくつか経験した上で、一定期間が過ぎると、その人がずっと働く店を選べるような「逆指名」する仕組みです。

かつて野球選手が入団したいチームを選べていたように、従業員が働き先を「逆指名」する選択肢を提示していきたいと言うのです。

砂川さん

共に働く従業員は、ローテーションでいくつもお店を見られて経験も積めますし、お店側は優秀な人材を確保しようと待遇や福利厚生を高めて雇用環境の向上につながりますよね。それが、良い店作りにもなって「企業良し人良し」の制度になっていくと思っているんですが。

とはいえ、宮古島で課題とされるのが、島に定住する人たちの人材確保。宮古島に住んで働きたいと思っていても、土地バブルで家賃が上がり、移り住む初期費用で諦めてしまう人もいます。

砂川さん

本当に、宮古島って今アパートが足りなくて。そもそも、住むところが無いくらい。だから、従業員の住むところを自分たちでも作っているところです。やっぱり、島の可能性に希望を見出すには若い力が必要です。
それは、宮古島のためというか・・・周りの人の幸せのためですよね。それは回りまわって自分の幸せになると思っていますので。

「好きな宮古島に、なぜ自分はいないの?」 充実な東京ライフ、葛藤を経て宮古島に帰ってくるまで

砂川さんは高校卒業後、宮古島を出て東京で働いていました。当時、上場企業に勤めながら、順風満帆な日々を過ごしていたのにも関わらず、帰って来た理由はどこにあったのでしょうか。

砂川さん

自分は、本業とは別に『宮古島出身』というのを売りに、NACK5でラジオDJをやったり、バンドでイベントに出たりしていました。『宮古島良いところだよ!』って言い続けていたんです。

でも、30歳半ばになってふと「あ、なんでそんな良いところである宮古島に自分がいないんだろう…」って思っちゃったんですよね。その頃がちょうど宮古島で育った年数と同じだけの年数を東京で過ごした36歳。帰ってくるタイミングだと思って宮古島へと戻ることにしました。

都会的な生活に充実感を得る人も少なくないはずです。未練はなかったのでしょうか。

砂川さん

自分が18歳の時には『宮古島ってどこ?』って言われるくらい、田舎のように捉えられていました。ただ、今の宮古島にチャンスを感じたんです。経済的にもそうですし、横のつながりが濃い地元の強みもあります。あとは、やはり生まれ育った町だからというのもあります。人が良い、海が好き!

でも、本土に18年も住んだら、やっぱり半分ナイチャーになっていて。ただ、その視点を持つことで宮古島に何が足りないのか、求められているかが理解できるようになりました。自分だからこそできることはあると思います。

宮古島、そして企業としての可能性

私も、久しぶりに来た宮古島の変化に驚きが隠せないでいます。すでに、宮古島でビジネスを展開する砂川さんに島の可能性について教えてもらいました。

砂川さん

宮古島では、下地島空港、伊良部島の小中一貫教育校である結の橋学園、拠点港整備の本格化、市役所もかなり大きいものを建設していて。とんでもない規模の事業が展開されています。

でもまだまだこれからですよ。リゾートホテルがバンバンできてるし、『宮古ドリーム』を夢見ている人たちがどんどん来ていますからね。

宮古島での可能性を夢見る「宮古ドリーム」の言葉は、嘘偽りなく、今まさに現在進行で大きくなっています。それは、「宮古島」にとっても良いことなのでしょうか。

砂川さん

良いところもそうでないところもあるんじゃない。仮に30年後も観光の勢いが続くかどうか分からない。残された箱モノを考えると、この島の先はどうなっていくのかと危惧する声もあります。

私たち『おにくのくにお』に関して言えば、店舗を増やすなどアジア展開も視野に入れた業務の拡大を図ります。社員にも、ある程度の裁量を持たせて思うように動いて欲しいですし。もっと大きい視点で言えば、宮古島の賃金を上げたいですね!

純粋さは忘れず。宮古島を、人生の波をも乗りこなす人材、求む!

アジア展開を含めて、多事業化を進める株式会社ライフイズグッド。どんな人たちと、共に働いていきたいと考えているのか。

砂川さん

学びたい気持ちが大きくて好奇心旺盛な人。いろんな現場や持ち場をこなせるユーティリティープレーヤーを求めています。そして、提案ができる人。その提案でお店の売上が上がったとしたら、しっかりと人へと還元します。これは高校生も例外ではありません!
積極的に高校生に働いてもらいたいですね。宮古島で生まれ育った高校生って卒業したら99%は島を出ていってしまう。うちの店なら島外や県外の人と接して、多感なうちに社会に慣れてもらうことができる。逆に、高校生の純粋さに自分を含めてこちらが教わることも多いです。

砂川さん

ただし、やる時はやる! 休む時は休む! 遊ぶ時は遊ぶ! オン/オフはしっかりやらないといけない。夏は繁忙期ですが、冬は比較的ゆっくりとしているので、まとまった休みも取りやすいかと思います。

これは、言いたいですね。あなたの力が必要なんです、と!

求人情報

会社名 株式会社 LIFE IS GOOD
雇用形態 正社員・アルバイト・パート
募集職種 店長候補・キッチンスタッフ・ホールスタッフ
仕事内容 会社のフラッグである「LIFE IS GOOD」人生は素晴らしい!!
従業員一同弊社に関わる全ての方の人生を素晴らしくする事を目的に事業を行う。

・宮古島特産の宮古牛を取り扱う焼肉屋「やきにく おにくのくにお」を運営しております。
一緒に働く仲間は、高校生から主婦まで幅広くアットホームな職場です。
楽しく和気藹々としておりますが、やる気のONOFFをはっきり仕事を行います。
お客様との距離が近く、地元の常連客から観光のお客様・インバウンドのお客様と幅広い層にご利用いただいております。
店舗運営・仕込み・調理をメインで行って頂きたいと思っており、
当社の業務拡大時に幹部・店長候補の方をお待ちしております。

少しでも興味を持っていただけたらぜひ一度お話ができればと思います。
ご応募お待ちしております。
勤務時間 11:00〜23:00 シフト制
休日 月6〜8日 年末年始 2月に1週間の休み有
福利厚生・他 寮を完備しております。マリンレジャー部門もあり、ジェットスキー・SUP・カヤック福利厚生で楽しめます。
応募資格 普通自動車免許
企業情報 株式会社 LIFE IS GOOD
沖縄県宮古島市平良下里143