Now loading...

本家よりかっこいい!?沖縄のローカルヒーロー「琉神マブヤー」の必殺技『スーパーメーゴーサー』を実現してみた。

松田 和幸

2017.08.09

megosa

みなさん、こんにちは。松田です。
突然ですがみなさんは、琉神マブヤーという特撮ヒーローをご存知でしょうか?

 
沖縄では最高視聴率17.6%を誇った大人気の特撮番組なんです。

 

沖縄県のいたるところにマブヤーのイラストはあり、ヒーローショーなんかもしているものの、沖縄県外では番組が放送されてなかったので、ご存知の方は少ないはず。
なので、本題に入る前にちょっとマブヤーに関する情報を・・・。

 

 

琉神マブヤーとは・・・
舞台は2008年。平和に見える沖縄で、悪事を企む悪の軍団・マジムンが、野望を叶えるために暗躍していた。
彼らの野望とは、マブイストーンを集め、沖縄の人たちが方言を使えなくなったり、カチャーシーという沖縄の伝統的な踊りが踊れなくなる沖縄を作り、支配すること。
そんな世界を防ぐべく立ち上がったのが、ニライカナイという、沖縄の理想郷からやってきた戦士、カナイ22歳。
マブイストーンを守る人・マブヤーとして、悪の軍団と闘い続けるぞ!

 

というストーリーです。

こちらからは、映像でかっこいいマブヤーが見られます。(3分37秒)

(「琉神マブヤー」YouTube公式チャンネルより)

マブヤーを知っている皆さまは当然のようにご存知だと思います!

マブヤーの必殺技といえば、おなじみ

スーパーメーゴーサー!!

 

沖縄の方言でメーゴーサーというのは、「げんこつ」を意味します。

 

 

 

つまり、

スーパーメーゴーサー = 超げんこつ

 

 

 

テレビで見てるとかっこいいんですよ。

 

 

 

ヒーローショーでも、「スーパーメーゴーサー」が繰り出されると、会場は盛り上がります!!

さっき載せた動画の3分1秒くらいから見れます。

動画が見れない方向けに文章で説明すると、

これね、

拳が燃えてるんですよ。

行為的には拳骨で、燃える拳骨で殴るという必殺技なんです。

というわけで今回は、そんな「スーパーメーゴーサー」をリアル世界で実現してみようと思います。

 

 

まずはかっこいいメーゴーサーを作ってみよう

かっこいいスーパーメーゴーサーを実現するためには、かっこいいメーゴーサー(げんこつ)が必要です。
何事も基礎が大事ですからね。
というわけでまずは、メーゴーサーを作っていきます。
材料はこちら。

大丈夫です。これから説明をしていくので大丈夫です。

 

 

 

ぼくもこんな顔で作ってるので大丈夫です。

 

 

 

 

 

まず、折りたたみ式の六角レンチを手の形になるよう配置し、ガムテープで固定します。

 

 

野球ボールをつかんでるっぽくなればおっけーです。

 

 

そして、銛で刺します。
躊躇なく刺します。
ですが、硬式球なので、固い。
手が滑ってなかなか深くまで刺さりません。

 

 

そんなときのために、滑り止めつきの手袋があるんです。

 

 

こんな感じに刺さるとできあがり。

 

 

あとは手袋をかぶせて・・・

 

 



マブヤーの腕っぽく装飾をつければ・・・

 

 

 

 

 

かっこいいメーゴーサーの出来上がり!!!

 

 

 

 

 

どうですか、この、ものすごく拳骨な感じ。
骨を模した六角レンチを惜しげもなく使った拳なので、まさしく拳骨と呼ぶにふさわしい拳骨になりました。

というかこれは完全な凶器です・・・・

 

 

 

かっこいいスーパーメーゴーサーを実現する

今回、かっこいいスーパーメーゴーサーを実現するために、助っ人をお呼びしました。

 

大学の友達、D君です。
週6で筋トレに励み、コールセンターで人々の悩みを解決し続けるうちなーんちゅ、それがD君です。
もともと特撮ヒーロー好きな彼なので、

「かっこいいスーパーメーゴーサーを実現しよう」とLINEを送ると、2時間後には来てくれました。
というわけでD君が必殺技を放ちます。

 

 

さて、今回粉々にするのはこちらです。

そして、スーパーメーゴーサーを打つ前に、ちょっとした準備に入ります。
スーパーメーゴーサーといえば、テレビだと拳が光るんですよ。

 

光るというか、情熱があふれてる感じ。
それを炎で表現したかったのですが、下手すると怪我人より先に警察に連れていかれる恐れがあったので、こちらを用意しました。


小麦粉です。

 

 


小麦粉を拳骨にまぶしていきます。

 

 

 

ちなみに、このまま素揚げするとこうなります。

 

 

 

 


拳骨の色を黒にしたのは、本家のマブヤーに倣ってのことなんですが、小麦粉をまぶすと白くなるので、青のりでごまかします。
今思えば、インスタントコーヒーの粉のほうがよかったかもしれません。

 

 

 

 

 


琉神マブヤーって、実は特撮一優しいヒーローって言われてるんですよ。
マブヤーには『ゴーヤ・ヌンチャク』という、「敵にも健康になってほしい」という思いがこめられた武器がありまして、そういう敵へも気遣いがある優しいヒーローなんだそうです。

 

そこでぼくは「殴られたときにふわっと優しい香りに包まれてほしい」という思いをこめて、ローズのアロマエッセンスをかけておきました。
ローズ香りには心身を落ち着かせる効果があるらしいので、もしかしたら殴った後に和解にもっていけるかもしれません。

 

 

 

そして、ヒーローが忘れてはならないことがあります。
それは・・・・

悪役を立てるということ。
悪役がいるからヒーローがいられるわけで、悪役のおかげで番組が成り立つのです。
というわけで・・・・

悪役にもちゃんと花をもたせてあげましょう。

そうですね・・・

 

 

 

 

 

菊の花なんかをもたせてあげるといいと思います。

 

 

 


ようやく準備が整いました。
それでは、このメーゴーサーの威力を試してみましょう。

 

 

 

 

 

 


すぅ~

 

 

カハァ

 

 

 

マブヤーのワンシーンを再現してみました。

 

 

 

 


チラッ

 

 

 

 


グッ

 

 

最初はとりあえず柔らかい敵から倒してみましょう


最初に打ち砕いてもらうのは、豆腐界で硬さに定評のある島豆腐。
にがりと塩に固められたタンパク質を砕くことはできるのか・・・・・

 

 

 

いざ!ゆけ!!!D君!!!!!

 

ゴ○ゴ○のジェットピストル!!!!!(Dだけに・・・・)

 

tofu

 

D君、きみは今「モ○キー・D・○フィ」のつもりだったかもしれないけど、

これ、マブヤーね。

 

確かに拳、伸びてるけどさ。

これ、マブヤーね!!!

 

 

 

 

 

 

というわけで、別アングルから見てみましょう!!

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

粉々・・・・・

 

 

 

 

 

 

この豆腐は、もちろん帰ってフ―チャンプルーの中にいれました。

 

 

 

 

次こそは決めてもらいましょう!!「必殺技!!スーパーメーゴーサー」


次は、空手家が自らの力を示すときによく使う、木材を用意しました。
木材を正拳で割れれば一人前。

そんな空手界の暗黙のルールに倣って、スーパーメーゴーサーの免許皆伝を目指してみようと思います。

 

さっきは確実に悪魔の実の能力者になっていたので、次はしっかりと決めていただきましょう!!

 

D君、お願いします!!!!

 

 

スーーパーーーメーーゴーーサーー!!!!!!

 

 

 

mokuzai

おお!!!

今回はちゃんと「スーパーメーゴーサー」っぽい!!!!

 

さあ!!木材を割ることができるのか!!!!!

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

 

 

 

 

一本!!!!

 

 

やりましたね!!!

念願の必殺技完成!!!

 

 

いろんなもので試してみましょう!!


3番手は、軽いのに硬いアクリル板。
まぁこの薄さなら余裕でしょ!!!

 

 

 

 

akuriru

真正面から!!!!!

D君!!様になってるねーーーーーー!!!!

すでに「スーパーメーゴーサー」をものにしてますな!!!

さて、

それでは別アングルから見てみましょう!

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

 

!!!??????????

 

 

・・・・

 

 

もう一度!!!!

 

スーパーメーゴーサー!!!!!!

 

 

 

 

 

akuriru

(画像をクリックすると動画が流れます)

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

よ、余裕です・・・・!!!(焦ったぁ・・・・・)

 

 

 

 

 

ちなみに、このあたりで拳骨がくたびれてきました。

もってくれよ・・・拳骨・・・!

 

 

 


4番手はレンガ。
メイクマンで100円ちょっとで売ってたレンガを用意しました。
木材を台座に使ってるのを見るとわかると思うのですが、もともと台座に使ってたレンガです。
ケチらずもう一個買えばよかったなというのが、どう台座を組み立てるか考えてるときのぼくたちの感想です。

 

でもちゃんと立ったから大丈夫!

 

いくぞー!

 

renga

 

 

硬っ!!!!!!!!!

 

 

 

 

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

 

硬すぎるよ!!!

 

 

 

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

 

うおおおおおおおおお!!!

 

 

 

(画像をクリックすると動画が流れます)

 

 

バァァァァァァン!!!

 

 

 

 

結局、50回くらい打ち付けて、やっと割れました。
レンガ強い。

 

 

50回とか、なんだかもう必殺技感なくなってきた気がしますが・・・・・

気にせず進みましょう。

 

 

 

ラスボス現る!!!!!!!!

 

そして最後のラスボスは鉄の板。

 

材質はステンレスのものを用意しました。
もちろん、手で曲げようとしてもびくともしないほど硬いこのプレート相手にどこまで戦えるのか。

 

 

オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラァァァァァァァッ!!!

(J○J○ばりに!!!!!)

 

 

teppan

 

 

ちなみに4部は・・・・!!!!!!!

 

ドララララララララララララララララララァァァァァァァッ!!!!

 

teppan

 

(画像をクリックすると動画が流れます)

ガン!!!

 

 


曲がりました。

 

もはや、メーゴーサー(げんこつ)の域を超える連打を浴びせましたが・・・・
ここが限界でしたね。拳がダメになりました・・・・・・・・

 



 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。
戦隊ヒーローがとどめを刺すときに持ち出してきたら、敵も拍子抜けしちゃう武器ができあがりました。

 

もはや、変な形をした鈍器。
ヒーローショーの舞台裏の倉庫から、年末の大掃除のときにでも出てきそうです。

 

 


海中だと様になるので、魚を傷つけずに捕まえる漁具として使うといいかもしれません。

漁から帰れば、豪華な食事が作れるはず。

 

 

 

このあと、スタッフが美味しくいただきました。

嘘です。

それでは。

 

 

 

【注意】本家はもっとかっこいいです。

みなさま、今回の記事の「スーパーメーゴーサー」は本物のマブヤーが放つ「スーパーメーゴーサー」とは全くの別物です。

本物はもっともっとかっこいいです!!!

 

なので、

よい子のみんな!!!!

おじさんの悪ふざけだと思って許してね!!!!!!!!

 

おきマグ公式LINE@

LINE@で友だち登録して
「松田 和幸」さんの
他記事を読もう!

LINE 友だち追加