Now loading...

沖縄県最大級の食イベント「OKINAWA FOOD FLEA」へ遊びに行って来た。

三輪きらら

2016.12.06

10_sm

こんにちは。こんばんわ。きららです。
沖縄での生活にも慣れてきた今日この頃。
ちょうど移住した直後に、那覇の泊港で開催されていて、知人に誘われて遊びに行ったOKINAWA FOOD FLEAが宜野湾でもあると聞き、行くしかない!と仕事という名目で遊びに行って来ました。

そこで今回は、11月13日に宜野湾マリーナで開催された、OKINAWA FOOD FLEAの様子をご紹介します。
活気がある中でも、沖縄らしいあたたかく優しい、のんびりとした時間の流れるイベントの様子を、写真や主催者の方のインタビューなどを通して感じていただければ幸いです。

OKINAWA FOOD FLEAとは

1
OKINAWA FOOD FLEAは、2014年8月に沖縄県北谷町の北谷フィッシャリーナでスタートした、沖縄の「食のフェスティバル」です。
以降、年に4回開催されており、沖縄県内各地のさまざまなレストランの他、雑貨店や衣料品店、コーヒー店なども出店しています。
第9回目標となる今回は、総勢57店舗が出店していました。

5

天候にも恵まれ、会場の熱気を表すかのような太陽の照りつきが目の前の海をキラキラと魅せてくれています。

10
気持ちのいい芝生の上では、そのまま座ったり小さな簡易テントを広げたりと、来場者がそれぞれ思い思いのスタイルでイベントを楽しんでいました。
DJブースも併設されているため、心地よい音楽を楽しめることもおすすめポイント。
おいしいごはんに、海に、芝生に、音楽に。
どれもこれもテンションを上げる最高の材料です。

16

8

7

6

12

13
15

11

結局、お昼過ぎからイベント終了間際まで、ビールを片手に目についたお店に行っては食べ、芝生でごろごろし、海を見てはしゃぎ、、、と最高に素敵な日曜日を過ごしました。

主催者の石井 雄一郎さんにお話を伺ってみた。

17

OKINAWA FOOD FLEAを主催している、石井 雄一郎(いしい ゆういちろう)氏にお話を伺うことができました。

ishii

石井 雄一郎氏
京都出身。2006年に沖縄へ移住し、2007年に炭火串焼き「月と器」を開業。満月の下レストラン、満月祭など各種イベントを主催する。趣味は土いじり、散歩、迷子、スケートボード、特技は友達作り、好きな食べ物は焼き鳥、好きな音楽はラテン音楽・70年代歌謡曲。

 

きららきらら

今日はよろしくお願いします!

ishii石井氏

よろしくお願いします!

きららきらら

まずはOKINAWA FOOD FLEAを開催した経緯を伺えますか?

ishii石井氏

はい、2年前の8月23日、24日に北谷町で第1回目を開催しました。
開催しようと思った理由は、沖縄のために何か自分にできることはないかなと考えたことができっかけです。
人が豊かな生活を送るというのはどういうことなのか、生活の中の一部であることを取り上げて何か楽しめることとはどういうことかを考えた結果、開催に至りました。

きららきらら

そうなのですね。わたしはOKINAWA FOOD FLEAに参加するのは2回目なのですが、店舗の方とお客さんの熱気がすごいことなどもありすごく楽しんでいます!
前回の8月は那覇の泊港近くで開催されていましたが、場所のこだわりなどはありますか?

ishii石井氏

はい、第1回目〜3回目は北谷で開催して、その後ここ宜野湾マリーナで行なっています。
そもそも、沖縄中の人の「こうしたかったな」「ああしたかったな」というような瞬間を作りたかったので、北からも南からもアクセスしやすい中部であること、海が見えて芝生があって気持ちの良い場所であることから、この宜野湾マリーナという場所を選んでいます。

2

きららきらら

宜野湾って沖縄の中部なんですね、、いまいちまだ移住したばかりで土地勘がなくて。
イベントをやっていて特に印象に残っている瞬間はありますか?

ishii石井氏

出店者、お客さん、ボランティアスタッフが楽しんでいる姿が見れた時です。
また出店したい、またボランティアスタッフとして参加したい、早くまたイベントして欲しいって言ってもらえた時ですね。

きららきらら

なるほど。わたしも次回のOKINAWA FOOD FLEAが楽しみです!
石井さんの理想的な「OKINAWA FOOD FLEA」とはなんでしょう。

ishii石井氏

「日曜日の子供の思い出を作りたい」というのがあります。
日曜日にお父さんと出掛けて、音楽があって、美味しい食べ物があって。お父さんが連れて行ってくれたのはこういうところだったんだよって。
大人になってから初めてデートに行くときに「あの時あれが美味しかったから、そのレストランに行こう」って思い出して欲しい。
で、レストランに行ったらそこのオーナーが「おお!」って声をかけてくれる出会いがまたあって。
そういうサイクルを理想としています。

18

きららきらら

それはめちゃめちゃ素敵ですね!そういうデートされてみたい!すぐ好きになっちゃいそう(笑)

ishii石井氏

日曜日に港のあたりに、花屋さんがあって、コーヒー屋さんがあって、パン屋さんがあってオリーブオイル屋さんがあったりして。
彼氏と一緒に行って、フランスパンとかワインとかオリーブオイルとか買って帰って、映画でもみて、その後に買ってきたパンでカナッペとか作って。
食べながら、今日のイベント楽しかったねって話す。
これが一番理想の形かな。

4

ishii石井氏


生活の流れの一部の中にあって、普通の幸せの一コマを深めるようなイベントにしたくて。
今のイベントは正直ちょっと大きくなりすぎてしまっているのですが、ここまで大きくならなくてもいいかな(笑)
メガイベントになってしまったために、これだけお客さんが来るからこれはやってあれもやってっていうのがあるのですが、本当にやりたかったことではないなーというところはちょっと話し合っているところです。
人が少なくてもいいから、来てよかったと本当に喜んでもらえることがしたい、それこそが意味のあることだと思っています。

 

きららきらら

そうなんだ。。確かにめちゃめちゃお客さんがいるメガイベントの印象はありますね。
今後の目標のようなものはありますか?

19

ishii石井氏

1年2年のスタンスではなくて、30年のスタンスで考えています。
1年に4回やるとして、30年だったら120回しかできないんですよね。
今9回なので、後111回。
その間で、こども、自分たち、おじいちゃんおばあちゃんの3世代で愛されるイベントにしていきたいと思っています。

まとめ

9

わたし自身はあまり子供の頃の日曜日の思い出、というのがなく、勉強をしていた記憶しかないのですが(きっとあったんですが忘れちゃったのかも…)、今回のOKINAWA FOOD FLEAでは「これぞ理想の日曜日!」という時間を満喫することができました。
次回は2017年3月5日(日)を予定されているそうです。
リピーターの方はもちろん、まだ訪れたことのない方や沖縄へ移住・旅行を考えている方は、ぜひ沖縄の空気感を味わうという意味でも参加してみてはいかがでしょうか。
ではまた。